はっちゃんのごたごた便り

何のために生きるのか。

 人間、歳を重ねると生きることに意欲的ではなくなってくるような気がする。
子どもとしての役割も終わり、親としても役割も終わって、さて、これから何のために生きるのか。
命があるから生きる。のではあまりにも味気ない。
心躍るような良いことも少なく、若い時のように、大きな夢や希望があるわけではない。
身体とともに、苦しみや、悲しみに耐える力も衰えてくる。

小さな楽しみや、生きがいを見つけ、それに向けてエネルギーを注げばいいのだろうが、それを持続させるモチベーションもなかなか大変になってくるし、ストレスコーピング能力も必要だ。
転んだ時に起き上がる元気もどっこいしょである。

ふと、目にした言葉。
あの稲盛和夫さんの言葉だそうだ。
「人生の目的は<魂を磨くこと>死ぬ時には財産も、名誉も地位も、愛する人も何も持ってはいけない。
生まれてきた時に持ってきた魂よりも、少しでもより良い魂に磨き、高めていくことが人生のすべてと言っています。
感謝の心は魂を高めるために一番大事な心だ」
う~ん。
すごい!さすが。です。
人の心にす~っとしみこんでいきます。

健康に、周りの人々に、自然に、今ここに自分があることに心から感謝しよう。
c0104590_1662892.jpg

いつも私を癒してくれるメイにも感謝。

稲盛和夫さん、たくさんの著書があります。
読んでみよう。
[PR]
by 8chantomei | 2010-03-11 16:09 | Comments(13)
Commented by toruneko65 at 2010-03-11 19:56
こんばんわ。
若さについて考え無いのが、若さの秘訣ではないでしょうか。
人生後半をきちんと計画的に生きようとしてもほとんど計画
なんて崩れることばかり・・・ムダがたくさんある人の方が
人生後半心豊かに過ごせるのかも知れませんね。
これからの後半の人生をどう過ごすのかが、
私の課題でもあります。
Commented by yokkosan3 at 2010-03-11 22:19
あまり深刻に考えない私です。
毎日忙しく過ごしているうちにあっという間に年を重ねてしまいました。
感謝する心は魂を高めるために一番大事な心・・・いい言葉ですね。
元気で健康でいられることに感謝です。
Commented by satami1224 at 2010-03-12 20:28
見つけたのですね稲盛和夫さんの言葉の中に生きる目的。
感謝する心は魂を高める 私もそうして過ごしたいと願います。
自分自身の健康と周りの皆の健康にも感謝です。
Commented by ぐ~ at 2010-03-12 23:19 x
ムムム、難しい~。
死ぬまで生きる・・じゃぁ駄目かなぁ・・・
小さなことにもときめきを持っていたいものです。
Commented by marri at 2010-03-13 08:30 x
エ・エッ~~~?
考えて無かったな。なんのために・・・ねぇ?
確かに子育て終わったし、親もみおくったし。そうねぇ~!
元気に、病気せず、チョッピリのお金も残しておかなくっちゃァって働いて。
「死」と言う言葉が最近お迎えって言葉で会話の中に入って来るようにはなったけど。
「感謝」と言う言葉でこれからも一日一日を大切に生きようか。
なんだか、ビシッと背中を叩かれた思いのお話でした!
Commented by 8chantomei at 2010-03-14 16:52
torunekoさん
遅くなりました。
無駄がたくさんあるほうが、心豊かに過ごせる。
本当にそうですね。
私は無駄だらけです。
計画を立て、きちんとして生きたら、余分なものがみえませんね。
Commented by 8chantomei at 2010-03-14 16:55
yokkoさん
最終章で、私は何をしてきたのかと自問自答するのもいやですが、
一生懸命生きたと思えたらいいのですよね。
本当に、健康に感謝です。健康な身体に生んでくれた親にも。。。。
これからは、健康でなければいけませんね。
Commented by 8chantomei at 2010-03-14 16:57
稲盛和夫さんの言葉、娘が送ってくれました。
本も読んでみたいと思っています。
同じ「ありがとう」でも、心からの言葉を伝えたいと思います。
Commented by 8chantomei at 2010-03-14 16:58
satamiさん
↑のコメント、satamiさんへ です。
またやってしまいました。
Commented by 8chantomei at 2010-03-14 16:59
ぐ~さん
この言葉、娘がおくってくれたのですが、「あ、そうか」と心から思いました。
日々の感謝忘れずにいたいと思います。
Commented by 8chantomei at 2010-03-14 17:03
marriさん
おむかえねえ。
私たちの年齢になると、いつお迎えが来ても、おかしくない歳です。
こうして、健康でいられることは感謝です。
よく、「自分らしく」っていうでしょう。
その「自分らしく」がわからない私です。
まだまだ修行が足りません。
Commented by kubaba at 2010-03-16 00:54
何のために生きるか?!? 難しいですね。
私もぐ~さんと同じで「死ぬまで生きる!!」
元気で楽しく生きられたら良いですね。
ピンピンコロリを目指して・・・
先日母が言うんです。「もう何も心残りはないから、いつお迎えが来ても良いんだけど・・」切ないですね!

Commented by 8chantomei at 2010-03-16 16:54
kubabaさん
ほんと。ピンピンコロリがいいです。
昨日まで元気だったのに。。。なんてね。
「死ぬまで生きなければなりません」です。
<< 嬉しい日 クリスマスローズ >>


毎日のごたごた
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
元気ばば様 ありがとう..
by 8chantomei at 09:11
okurebase様 ..
by 8chantomei at 08:51
こんばんは ご無沙汰し..
by cyobihakessekida at 23:22
そうでしたか 寂しくな..
by juju3291a at 21:23
8chantomei様 ..
by okurebase2013 at 19:26
mamarinn様 ご..
by 8chantomei at 20:57
okurebase様 ..
by 8chantomei at 20:54
marri様 ご心配あ..
by 8chantomei at 20:50
fu-and-boro様..
by 8chantomei at 20:46
チャーがお話しできたらな..
by mamarinn30 at 12:48
画像一覧