はっちゃんのごたごた便り

<   2009年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

エコ生活

 先日、機会があって消費生活アドバイザーの方のエコ生活の講演を聴きました。
ここ何年かの温暖化で地球が泣いています。
何とかしなければと、世界が注目し始めてきました。
エコは他人への思いやり。
でも、わかっていても、自分だけやってもみんながやらなければ。。。とか、みんなやっていないから。。。と。
でも、ゴミの分別はどこもしっかり出来るようになりました。
一日に家庭でだすCO2は大きい風船18個分。
でも、ちょっと気をつければ5個分減らすことが出来るのだそうです。

お話の中をちょっと紹介します。
○ 各家庭で、キッチン、トイレ、お風呂の中で一番水道を消費するのは、トイレ。
  便器によっては恐ろしく水の流れるトイレもあります。
  お風呂の残り湯をバケツにくんできておいて流すのもいい。
  又、便座のヒーターは、サーモスタットなので、冷えれば自動的に温かくくなる仕組みになっているのだ
  そうです。ふたは閉めておきましょうとのことです。
○ これは皆さん後存知。電気製品のコンセントを抜いておくと、消費電力がかからないとのこと。
○ 車のガソリンも満タンに入れると、重量が重くなってガソリンが不経済。半分ぐらいで。
  又、少し先の信号が赤になったら、アクセルから足を離して静かに走行。
  発進も、すぐアクセルを踏むと、ガソリンが不経済。ブレーキから足を離すと、自然に動くので、それからア  クセルを踏むようにとのことです。
○ 煮物はなるべく、圧力鍋が効果的。なければ、15分煮る所だったら、5~6分にして、後は余熱利用がいい  そう。鍋をおろして、新聞紙と膝掛けなどで包むとよいそうです。
○ 暖房も身支度をしっかりとして設定温度を下げる。
○ 白熱電球は蛍光電球の5倍電気料がかかる。
○ 床すれすれのカーテンは暖気をにがさない。
○ 鍋のわきまで上がる火はもったいない。
 等々。

 周りを見回せばたくさんのエコが出来ます。
やっぱり、それを習慣化することが大事とのことでした。
さ~て。三日坊主にならないよう、何から始めましょうか。
みなさんも参考にしてみてください。

 長女のムコ殿がこんなものを買って、取り付けてくれました。
PCのメールで出来るのです。
相手の顔が移って、相手にはこちらの顔が移って、会話が出来る。ビデオ℡です。
マイクとカメラが一体になったものをPCに取り付ければいいのです。
もちろん相手もね。
台湾の娘と、長女と3人でチャットのように会話もできます。
PCってほんとに優れ物です
c0104590_1324171.jpg

こんなの出して叱られそうです。

 画面の左上にある丸いのがカメラ&マイクです。
会話になると画面一杯の顔が写ります。
Mちゃんありがとう。
毎日Yがそばにいるようです。
キーを出して。メイを出して。と忙しいですが。
エコの内容の所、文章そろえががたがたになってしまいました。
打っているときはきれいにそろっているのですが、送信したら、がたがたです。
[PR]
by 8chantomei | 2009-11-29 12:40 | Comments(16)

サツマイモのサラダ

 先日のブロ友さんのレシピ。
元気ばばさんの、サツマイモのサラダのレシピです。

サツマイモは電子レンジで柔らかくし、塩、こしょうで味付けし、
リンゴとレーズンを一緒にし、マヨネーズとヨーグルトで味付けします。
少し酢もいれます。

ばばさんのこの記事を観て、即作りました。とってもおいしい。
サツマイモの代わりにカボチャで作ったこともありますが、サツマイモのほうが、しっかりしています。
レーズンを赤ワインに30分ほど漬けて使用しました。
マヨネーズだけでなく、ヨーグルトを入れるというのはいいですね。
さっぱり感がでます。
c0104590_168305.jpg

みんなに好評でした。
[PR]
by 8chantomei | 2009-11-25 16:09 | Comments(16)

紅葉

 信州の紅葉はそろそろ見頃が終り、山も茶色に変色してきまた。
きょうあたりは京都の紅葉が見頃だそうです。きょうガイドをした京都からのお客様がおっしゃっておりました。
11月に入って、上田城の紅葉祭りが始まりました。
紅葉祭りで上田城の観光ガイドも始まりました。 
桜の時は、観光バスが引くことなく来ますので、全員で詰めていましたが、紅葉祭りではそれほど多くありません。
予約のバスが来る時間帯に、交代で割り振られ待機です。
上田城もこんなに紅葉しました。
本丸の隅櫓の南櫓です。
この櫓のある、崖の下は当時千曲川だったのです。今は流れを変えて、南側を流れています。
地の利を生かした築城です。
4~5日前の写真です。
c0104590_23534311.jpg

こちらは西櫓です。
c0104590_23565428.jpg

西櫓は、少し距離がありますが同じ崖の上に立っています。

そして我が家の紅葉は。
キッチンから見えるもみじです。
今年はきれいな色になりました。
c0104590_029505.jpg
c0104590_0301115.jpg

1週間ほど前の色です。
現在は地面が真っ赤になりました。
[PR]
by 8chantomei | 2009-11-23 00:31 | Comments(12)

中国旅行 5日目 北京

  ↓で、西安の夜景を見て頂くのを忘れました。
夕食後ホテルに帰るバスの中から。
城門がライトアップされとてもきれいでした。
c0104590_239198.jpg

c0104590_2394890.jpg


 いよいよ最終日、北京です。
あの有名な天安門と天安門広場。
そのスケールの大きさにびっくり。東京ドーム何個分でしょうか。

天安門(以下説明文はパンフレットから引用しました)
明代に建設された当時、承天門と呼ばれていたが清代に修建設の後、天安門と改称。
明、清を通じ皇帝の詔書を宣布する場所として使われていた。
1949年、新中国の成立宣言もこの門上で行われた。
現代中国を代表する美しい城門である。
天安門広場
天安門の前に広がる、40万㎡もの大きさを持つ広場。
中央には、人民英雄記念碑、毛沢東の遺体が眠る毛主席記念堂、西側には国会議事堂に当たる人民大会堂、東側には中国歴史博物館、革命博物館がある。
まあ、観てください。むこうの天安門が小さく見えます。
この四角い石に数字が彫ってあり、人がたくさん集まる時は、どこにたつか、自分の番号が決められるのだそうです。
c0104590_23461842.jpg

天安門をくぐっていくと故宮博物院。
明、清の皇帝の生活の宮城、故宮博物院です。
昔は紫禁城と呼ばれ、政治の中心となっていた。
南北961メートル、東西752メートル、72万㎡という広大な敷地に数多くの建物が建ち並んでいる。
太和殿
故宮で最も重要な中心的存在の建物
c0104590_0124440.jpg

c0104590_0132885.jpg

皇帝は奥方が3000人いて、その住居
c0104590_0152965.jpg

行けども行けども華やかな建物が続き、当時の皇帝の栄華がしのばれます。

午後、北京の空港から、上海経由で夜9時近く成田到着。
観光の場所でバスを降りるとこのように、1000円、1000円と言って大勢の人が物を売りに来ます。
かなりしつこくてガイドさんに無視するよう言われました。
c0104590_0223067.jpg


 お隣の国、中国を旅してみて話には聞いてたけれど、お金持ちはとてつもないお金もちなんだろうな。貧富の差がうんとあるんだろうなと言う実感でした。
トイレに入るのに長い行列を作って並んでいるところに、平気で横入りする人が多かったり、パジャマ姿で街を歩いていたり、どこでも大きな声でわめいて話していたり。実際に目にした光景です。
先日の朝日新聞に、上海で、来年の万国博覧会に向けて、お行儀よくしなければ行けないと言うことで、パジャマ姿で街を歩かない。道路につばを吐かない等、指導していると載っていました。
モラルがレベルアップしていないのか、おおらかな国民性なのか。。。。う~ん。
ホテルでも、お店でも、レストランでも、笑顔に出会えなかったのが不思議です。
どこでも、みんな怒っているようでしたよ。
これで、中国旅行記終わりますが、おつきあいありがとうございました。
そして、安いツアーと書きましたが気になる旅行代金は。。。。39000円でした。燃油サーチャージ代は一人3000円だったかな?
ホテル4泊、往復の飛行機代、全部の食事代、中国の移動の飛行機代全部です。
どんな旅行になるのか心配でしたが、びっくりでした。
今、お得な旅の商品出ているんですね。
[PR]
by 8chantomei | 2009-11-19 00:41 | Comments(22)

中国旅行 4日目 北京

早起きして空港に行き、今日は北京に移動です。
いつもの事ながら、旅に出て朝早い出発は朝気を使います。
お寝坊したら困るとの思いから、いつも眠りは浅いです。だから、モーニングコールより早く起きてしまいます。
中国=万里の長城のイメージが私の中にはあります。
いつかは登ってみたいとの思いもありました。
実際に立って見ると、写真で見て想像していた物をはるかにこえています。
気の遠くなるようなスケールでした。
しかも、自然の力によって出来た物ではなく、人間が造った物なのです。
そして紀元前221年ということは、もちろんすべて人力によるものでしょう。
総延長6350キロ。 北方民族の進入を防ぐために造られたという長大な建造物です
世界遺産になっています。このあたりからものすごい風でした。
c0104590_2219484.jpg

c0104590_22193740.jpg

c0104590_22204698.jpg

c0104590_22212646.jpg

c0104590_2222220.jpg












北京オリンピックの行われたあの鳥の巣
道路の右奥です。
c0104590_22274471.jpg

この日の夕食は、北京ダックと北京料理
北京料理のお店
c0104590_22331362.jpg
c0104590_2233559.jpg












この夜はオプションで中国雑伎を見ました。
写真はダメだったのでお見せできないのが残念です。
中学生ぐらいの少年少女が、身体が柔らかい故の妙技を見せてくれました。
この日のホテル
このホテルも旅行代金から想像していたよりはすばらしいホテルでした。
c0104590_22393755.jpg

c0104590_22495455.jpg

c0104590_22503563.jpg

c0104590_22511687.jpg

万里の長城の坂道をがんばって登り、上に行くにつれものすごい風と戦いながら歩いたのでぐっすり眠れました。
[PR]
by 8chantomei | 2009-11-15 22:54 | Comments(18)

中国旅行 3日目 西安

 昨夜、遅い到着でしたが今日は朝8時30分出発
シルクロード出発の地として、紀元前から秦、漢、隋、唐などが3000年にわたって栄華を誇った都西安
現在は数少なくなった城壁が街をとりかこんでいる。
市内には、鐘楼や博物館、大雁塔や小雁塔がある。
西の城門です。
c0104590_017415.jpg

c0104590_0173945.jpg

ここを出発して、西安郊外へ。
兵馬俑坑
1974年始皇帝陵東側の果樹園で、井戸を掘っていた農民が偶然、地中から陶製の武士像や馬像などを掘り当てた。
これが、兵馬俑の発見の第一歩。以後の詳しい調査でこれらは地下に眠る皇帝を守る大部隊だと判明した。
見つかった6000体を超える兵馬俑は実物大で、一体一体表情や服装、装備などが位によって異なるのだそう。
今回の旅はこれが見たいための参加。
それは圧巻でした。
c0104590_0301513.jpg

c0104590_0305167.jpg

皇帝を乗せた馬車
c0104590_031243.jpg

発見したおじいさん、本を買うとサインをしていました。
写真はNOでした。

大雁塔
三蔵法師の偉業をたたえる西安市のシンボル的存在
三蔵法師がインドから持ち帰った翻訳された仏教経典を納める為に建立されたもの。
地盤沈下のため、いくらか左に傾いています。
c0104590_0403761.jpg


青龍寺
空海,円行、宗督などが修学した寺。
日本人によって空海記念碑、空海記念堂がたてられている。
空海記念碑
c0104590_046153.jpg

夕暮れの西の城門に上りました。
中国で旧城壁が完全に残っているのは西安だけ。
街を囲んで周囲は12キロ。高さ12メートル。城門の上は幅12~14メートルの遊歩道になっています。
城壁の東西南北にそれぞれ門があり、そこから上ることが出来ます。
私たちはこの西の城門から、南の城門まで、カートに乗って暮れなずむ西安の城門の散歩を楽しみました。
c0104590_0542169.jpg

一番後ろに後ろ向きに乗りました。
どんどん西の城門が遠ざかります。
c0104590_0565983.jpg

秋の日は中国もつるべ落とし。
美しくライトアップされた城門や、夜景を見ながら、2連泊の昨夜のホテルに向かいました。
c0104590_0595212.jpg

そうそう、いつ何を食べたかは忘れましたが、食事はレストランでいつもこんな感じでした。
次から次へターンテーブルにごちそうが出てきましたよ。
c0104590_123311.jpg

[PR]
by 8chantomei | 2009-11-11 01:02 | Comments(10)

中国旅行 2日目 上海

 シルク工場。
日本でも、海外でも団体旅行はこの手のお店につれて行かれる事が多いですね。
旅行者専用のお店らしいです。
実演もしていて、高級シルク緞通が売られていました。
日本で買うより大分お得のようでした。
玄関マットなどお買いあげの方も。
工場は別のところにあるのでしょう。ここでは実演をしておりました。
c0104590_19322822.jpg

c0104590_21134774.jpg

移動の際の車窓から。
c0104590_21212673.jpg

c0104590_21222554.jpg

c0104590_21245268.jpg

高速道路のゲート
c0104590_21275543.jpg

びっくりなのは、
高速道路は渋滞していると、分離帯の切れているところで、Uターンをするするんです。
両方、ずらっと車が止まってしまいますが、それが普通のようで協力体制です。
このように車が交差します。
c0104590_2143427.jpg

豫(よ)園へ。
豫園は明の官僚、藩允端が故郷を懐かしむ父のために造った私庭です。広大な敷地には、大小の池や
楼園があります。
c0104590_22292766.jpg

c0104590_22302760.jpg

近くに豫園商場が。
日本で云えば、原宿あたりでしょうか。
すごい人出でした。
c0104590_23123237.jpg

c0104590_2313119.jpg

魯迅記念館のある公園
広々とした公園です。思い思いにカラオケなど楽しんでいました。
c0104590_23244957.jpg

c0104590_232641.jpg

太極拳をしているひとも。
c0104590_23282248.jpg

夜の飛行機で西安に移動。
この日のホテルです。
c0104590_23302293.jpg

c0104590_2331302.jpg

ここも、広くて良いホテルでした。
[PR]
by 8chantomei | 2009-11-05 22:55 | Comments(12)

中国旅行2日目 上海

 昨夜到着で、街の様子はわかりませんでしたが、一夜明けるとびっくり。
辺り一面ビルの林です。
四角や三角、円形のビルで、頂上は飾りが付いていたり、とがっていたり、丸かったり。
工事中のビルもたくさんあります。
足場が竹で組んであるものも。これで工事をする人の命が守れるのかと素人は心配になります。
地下鉄の工事でしょうか、。降雨量が年間600ミリほどと云うだけあって、掘削しているところからはほこりが舞い上がっていました。
c0104590_21504639.jpg

c0104590_2151440.jpg

右の三角のビルは森ビルです。
c0104590_21531658.jpg

バスの移動で、上海博物館へ
中国は文明発祥の地、新石器時代から現代に至る、貴重な文物が10万点以上も所蔵されているそうです。
朝から、大勢の人が並んでいました。
c0104590_21592953.jpg

c0104590_220659.jpg

青銅器や陶磁器がたくさんありました。
次は、中国茶舘
ついたてで仕切った小部屋に通され、流ちょうな日本語で、チャイナ服のお姉さんがお茶の説明をしたり、お茶を入れて、何種類かを飲ませてくれました。
日本でも、この手の店は売るのが本命。
上手に販売に持っていきます。
でも、結構お値段は高い。
c0104590_2210371.jpg

お昼は小龍包などの、点心料理
回転円卓でいろいろな物が出てきました。
どれもおいしかったけれど、チャーハンおいしかったです。
上海かにも別注文して味わって来ました。それほどおいしいとは。。。。
c0104590_22183216.jpg

思っていたよりは小さかったですね。
おいしいと思うほど食べる所がありません。
値段によって大きさがあるのでしょうか。
ケースに入っているのはみなこの大きさでしたし、注文しても値段や大きさの段階は聞かれませんでした。
[PR]
by 8chantomei | 2009-11-02 22:19 | Comments(14)


毎日のごたごた
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
okurebase様 ..
by 8chantomei at 17:58
8chantomei様 ..
by okurebase2013 at 21:05
fu-and-boro様..
by 8chantomei at 18:06
お庭に立派な枝垂れ桜があ..
by fu-and-boro at 19:29
元気ばば様 ありがとう..
by 8chantomei at 08:07
おみごと~~~ \(^..
by juju3291a at 08:19
mamarinn様 先..
by 8chantomei at 19:57
見事なしだれ桜ですね。 ..
by mamarinn30 at 19:42
お城と桜…本当に素晴らし..
by fu-and-boro at 14:15
見事なしだれ桜ですね。 ..
by mamarinn30 at 09:44
画像一覧