はっちゃんのごたごた便り

<   2011年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

おひさま

 皆さん、朝の連ドラ、見ていますか。おひさま
今まで、朝の連ドラはあまり見ることができませんでしたが、今回は同じ長野県ということもあり、長女が嫁いで住んでいることもあり、興味を持ちはまってしまいました。
時代背景も私たちが育った時代ですし、格別な思いもあります。
赤い屋根の百白花、安曇野の大王わさび農園にあります。
先日、長女の所に行ったら、連れて行ってくれました。
c0104590_216235.jpg

夕方近くでしたので、逆光になってしまいました。
c0104590_2182999.jpg

あの水車です。
川の水草や、水がきれいでした。
c0104590_21105170.jpg

ちょっびり私も
c0104590_2112169.jpg
物語は進んで、もうじき終わるんですね。
ちょっぴり寂しいです。
連休ということもあり、車は渋滞でした。
安曇野はもう秋色です。
c0104590_21172338.jpg

[PR]
by 8chantomei | 2011-09-26 21:13 | Comments(10)

我武者羅応援団

 先日のブログでもご紹介しましたが、木下先生の講演会行ってきました。
今回、心に残ったのは「自分のしたことは、必ず自分にかえる」ということでした。
良くも悪くもです。
常々私も感じていたことでしたので、心によく落ちました。
人は、人の道に外れたことをせず、思いやりと感謝の気持ちが大切なんですね。
今まで生きてきた中で、いろいろなことを見たり聞いたりしてきました。
お嫁さんをひどくいじめたお姑さんが、苦しい病気になったり、お姑さんにひどいことを平気で言ってきたお嫁さんが、脳梗塞で、思うように話せなくなったり。。。。。。
世の中ってそういうふうにできているんだなと思います。

みなさん我武者羅応援団ってご存知ですか。
応援団なんです。頼まれた所どこでも行って応援することを生業にする、若者たちのグループです。
被災地に行ったり、女子バレーのロシア戦にも行ったらしいです。
彼らにもいろいろな人生があり、挫折があり今こうしてさまざまな人に元気を与える仕事をしているのです。
トークあり、演武ありそして私たちも応援してもらいました。

だれにも、今抱えている、苦しいことがある。困ったことがある。頑張らなくてはいけないことがある。悲しい事がある。そんなみなさん一人一人に応援を送ります。

応援されると、涙が出てくるんです。そうだ、また頑張ろうと思えました。
これはロビーに出てからのスナップです。メンバーはもっと多いです。
c0104590_13513181.jpg


講演会が終わってから松本の町をそぞろ歩きしながら、松本城に行きました。
ちょうど、中秋の名月のイベントで、お琴と尺八の演奏が流れていました。
c0104590_1435321.jpg

明るく灯がついているところで演奏し、マイクでお城の中を流れていました。
[PR]
by 8chantomei | 2011-09-19 14:04 | Comments(9)

そばの花

 このところ、厳しい残暑ですが、ふっと頬をなでて通り過ぎる風に夏の終りを感じます。
このあたりは、今年の稲作は休耕で、休耕田を利用して、そばを栽培しています。
今、朝の連続ドラマの「おひさま」毎日楽しみしています。
舞台が長野県ということもあり、またそう遠くない所でもあるので、余計身近に感じるのかもしれません。
そしてドラマの時代も私の育ってきた時代の少し前。物のない時代を生きてきましたので、よくわかる部分があるのです。
 信州といえば、そば。
そんなそばの花をご紹介します。
c0104590_22491226.jpg

よく見ると、ほんとにかわいい花なんですよ。
c0104590_22501825.jpg

おそばは生来あまり好きではなかったのですが、歳のせいでしょうか。またガイドをしていてお客様に「おいしいお蕎麦屋さんどこ?」などと聞かれますが、基本的にどこどこですよ。とはいえないのです。仲間とお蕎麦屋さんの特徴などの情報はお知らせしたくて、食べ歩きをしたせいでしょうか。
好きになりました。でも、それぞれのお店、本当に個性があるんですよね。
[PR]
by 8chantomei | 2011-09-14 22:56 | Comments(7)

台湾?

 またまた台湾に行ってきました。といいたいのですが、ここは日本です。
先日教えていただいて、埼玉県の坂戸市にこの聖天宮があるときいて行ってきました。
前日に聞いて、是非行きたくなり翌日に行ってきました。
横川のサービスエリアで、所沢のTさんに電話すると一緒に行くと二つ返事で当地で合流しました。
この聖天宮は、なんでも台湾のお金持ちが癌になり、後治癒したのだそうです。御礼にお寺を建てたいと思っていると、お告げがあり、その場所は台湾ではなく日本の坂戸だったのだそうです。
そしてこんな立派なお寺を何もない田んぼの中に15年かけて作ったのだそうです。
お参りの仕方も台湾式。
まず、入り口から順に紹介しますね。
この右の入り口から入ります。
c0104590_18532387.jpg

c0104590_1854844.jpg

c0104590_18543274.jpg

これは石の玉です
c0104590_197421.jpg



かたまりをくりぬいて、この中にはいっている小さな石のたまもそとから削って作ったのだそうです。
お近くの方はいってみてください。

講演会に今度の10日行ってきます。
以前お話しました木下先生もお出になります。
熱い人の周りには熱い人があつまるのですね。
3人の先生のお話が聴けます。楽しみです。
c0104590_1942324.jpg

[PR]
by 8chantomei | 2011-09-08 19:04 | Comments(13)


毎日のごたごた
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
8chantomei様 ..
by okurebase2013 at 16:38
okurebase様 ..
by 8chantomei at 19:57
mamarinn様 あ..
by 8chantomei at 20:55
原因がかびとわかり、処方..
by mamarinn30 at 17:47
marri様 こちらは..
by 8chantomei at 17:01
チャーちゃん 「つかれ..
by marri at 21:46
mamarinn様 白..
by 8chantomei at 19:25
へえーー おもしろいで..
by mamarinn30 at 17:49
元気ばば様 はい。軍手..
by 8chantomei at 07:02
軍手を蜂の代わりにしてい..
by juju3291a at 21:10
画像一覧